TAKETA ART CULUTURE 2014ウェブサイトあります!

TAKETA ART CULTURE 2014「くぐりくぐる」のウェブサイトあります!

■アート・クラフト×竹田市城下町 まち歩き
 TAKETA ART CULTURE 2014「くぐりくぐる」
 http://www.taketaartculture.com/

2014年の会期は9月土日祝+22日(月)。是非お越しください!

d0246301_1749812.jpg


会期:2014年9月の土日祝+22日(月)【全11日間】
   9/6、7、13、14、15、20、21、22、23、27、28
オープン時間:11:00~18:00 ※作品展示(プログラムにより異なる)
会場:竹田市城下町エリア一帯(約20か所︓ 既存店舗や空き店舗等)
インフォメーションセンター:旧マルナカ陶器(今勢屋さん斜め向かい/マルショク近く) ほか
入場無料 ※作品展示(プログラムにより有料)
プログラム:アート/クラフト(工芸)/ライブ/ワークショップ/スタンプラリー

【参加作家/店舗】23組+5店舗
■作品展示(一部ワークショップ/販売含):猿山 修(東京)、Overture(マサチューセッツ/USA)、安部泰輔(大分)、岩田淳子(竹田)、オレクトロニカ(竹田)、尾込真貴子(竹田)、甲斐哲哉(竹田)、草刈 淳(竹田)、桐山浩実(竹田)、新本 聡(竹田)、高木逸夫(竹田)、高木康子(竹田)、谷口倫都(竹田)、辻岡 快(竹田)、中臣 一(竹田)、中村秀利(竹田)、長谷川 絢(竹田)、山本哲也×飯川友紀子(竹田)、ヨシダキミコ(大分)
■音楽:大口沙世(東京)、Baobab(山香)
■ワークショップ:ザ・キャビンカンパニー(由布)、山折典子(熊本)
■食:cafe grandpa、かどぱん、但馬屋老舗、Taverna e Botanica Sui.Sai.、菜々人×三桁

「竹田だからできること」をコンセプトに、竹田市城下町エリアで「文化芸術」と「まち歩き」を楽しむアートプロジェクトとして2011年にスタートしました。
竹田町商店街は、岡藩城下の風情と昭和ノスタルジーな面影が混在する、独特の雰囲気を漂わせる商店街です。しかしこの商店街も、少子高齢化や不景気といった時代の影響を受け空き店舗が増加し、通りにはシャッターが目立つようになりました。
地域が抱える現状に「文化の掘り起し」や「アート」といった新しい視点を組み込みながら、町や人、地域と向き合い、竹田の新しい文化や価値を創造していきます。

【イベント Pick UP!】

■音楽ライブ「傾く夜2014 大口沙世&Baobab」
d0246301_1830288.jpg

【日時】2014年9月21日(日)18:00開演(17:30開場)
【会場】但馬屋老舗 山頭火 秋山巌版画館(大分県竹田市上町34番地)
【座席】100席(全席自由)
チケット料金(1ドリンク付):前売り\3,000/当日\3,500(未就学のお子様は無料)
【内容】東京で活動している大口沙世(ピアノ)と、大分の人気デュオbaobab(歌/ギター/フィドル)によるアコースティックライブ。異なる場所、異なる音楽を奏でるグループが、竹田で出会う。竹田の食も一緒に楽しむプログラムも展開予定です。

大口沙世 HP: http://okuchisayo.com/
Baobab HP: http://baobab-8.com/

■猿山修アーティストトーク
d0246301_18302266.jpg

プロダクトや空間デザイン、ショップオーナー、作曲・演奏活動といった幅広い活動を展開し、今回のアートカルチャーに作品展示で参加する猿山修と竹田在住アーティスト等の座談会を行います。
【日時】9月28日(日)18:30~19:30
【会場】但馬屋老舗 山頭火 秋山巌版画館(大分県竹田市上町34番地)
【参加費】無料

■作品展示に加えイベント多数!【参加申込方法】
ワークショップおよびライヴの参加は事前申込制/先着順です。E-mailでのお申込みをお願いします。
定員になり次第、募集を終了します。
事前申込みで定員に満たない際は、当日での申込みを受け付けます。

【件名】をイベント名とし、参加希望日時、代表者氏名、人数、E-mail、日中連絡可能な電話番号を
本文に記載のうえ、下記E-mailアドレスまでご連絡ください。
E-mail:taketaartculture@gmail.com


■TAKETA ART CULTURE 2014についてのお問合せ:竹田アートカルチャー2014実行委員会
 0974-63-0133(8:30~17:00、日曜日除く)(農村回帰 城下町交流館「集」)
 taketaartculture@gmail.com
[PR]
# by taketa-artculture | 2014-08-12 18:04 | インフォメーション

ありがとうございました。

竹田アートカルチャー2011は会期を無事に終了致しました。
地域の方、協力してくださった方、出展してくれた作家の皆さん、
本当に、本当に、ありがとうございました。

たくさんの支援と協力を多くの方に頂きながら、
ひとまずは成功したと言えるイベントになったのではないかと思います。


しかしながら、竹田への挑戦はまだまだ始まったばかりです。
少しづつではあると思いますが、この歩みを止めることなく前へ進んでいかなければなりません。
少子高齢化、人口減少、経済の問題。それに伴う様々な弊害。
この地に転がる大きな岩は城下の散道に横たわり、その道を塞いでいます。
それでも僕ら若い世代はその山とも呼べる岩と向き合わなければなりません。

かつて先人が岩を砕き道を掘り、この地に「竹田」を造った様に、
できないことはない、やるかやらないかだ。

それに良くないことばかりではありません。

今日の先程、嬉しく有難いことがありました。
東京大学の「竹田の情感町づくり」のプロジェクトメンバーが
「傾く家」を訪ねて来てくれて、皆で意見交換をしました。
遠く東京の人たちが竹田のことを考えてくれているのだと思うと心強く思います。
今後も何かしらの連携をしていきたいと思います。

時間は少々かかるだろうけど、
来年城下町400年のこの町からしたら僕らは皆ひよっ子です。
今は大きな岩を小さな口ばしで突付きながら、これからもトンネルを掘っていきたいと思います。

d0246301_1502862.jpg
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-21 15:03 | top

竹田薪能展示

去る8月27日に竹田薪能は開催されました。
薪能実行委員会の中に「若者応援隊」という若者のグループがあります。
今回、その若者応援隊とアートカルチャー実行委員会がタッグを組み
これからの「竹田薪能」を盛り上げるべく制作から展示までを行いました。
d0246301_17385134.jpg

d0246301_17402292.jpg
竹田を代表する文化のひとつ「竹田薪能」
一人でも多く方に興味をもって頂けると幸いです。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-14 17:41 | 第28回竹田薪能後展

cojesaho 作品

cojesahoは今年の四月からフィリピンに渡り、現地の学生に服飾を教えている。
今回の作品は遠くの地から日本へと送られたメッセージだ。
それはcojesahoのメッセージでもあり、困難に直面している日本の現状を案ずる
世界の人々のメッセージでもある。その思いに飾りは必要ない。
作品と呼ぶことさえ、はばかるべきなのかも知れない。

竹田、九州、東北、フィリピン。
その距離と時間に比例して現地(現場)に対する関心、興味、そして危機感は薄まる。
不可抗力とも思えるグラデーションの中、いかにして自分の位置を確認するか。
僕達はその距離感と対峙していかなければならない。


d0246301_1836297.jpg

生徒作品。「LOTS OF FACE」

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-11 19:11 | cojesaho

ザ・キャビンカンパニー 作品

階段のむこうに君の知らない夜がある。

「よるです」

d0246301_1242264.jpg



君もきっと夜が好きになる。

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-11 12:08 | ザ・キャビンカンパニー

池邊祥子 作品

展示風景
d0246301_1443223.jpg


d0246301_144805.jpg
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-10 14:49 | 池邊 祥子

勝正光  作品

展示風景
d0246301_1422155.jpg
鉛筆で描かれた絵画は記憶や思い出を写真風の画像として呼び起こしたものだ。
もちろん単なるデッサンや写し絵ではない。むしろ表面の下に隠れたストーリーや心理を緻密に描きあげる精神力と技術力によって浮き上がらせたものだ。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-10 14:32 | 勝 正光

アートカルチャーミニ図書館

アートカルチャーミニ図書館は「竹田」を詳しく知るためのスペースです。
竹田に関する文化・歴史書をはじめ、文学集、美術集など様々な本を置いてあります。

竹田高校民俗部の今年の全国大会で3位に輝い作品を含めたの民家写真も同時展示しています。
d0246301_13562012.jpg


休憩スペースとしても利用できます。d0246301_1352453.jpg

どうぞお立ち寄りください。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-10 14:00 | ミニ図書館

傾く夜

9日の夜にアコースティックライブ「傾く夜」が
古い民家を改装した多目的ギャラリー「傾く家」で開催されました。

想定していた20名を大きく上回る32名のお客様が来て下さり、
3人の歌声と懐かしい曲に皆酔いしれていました。

普段とは違う雰囲気の中、何か新鮮な感覚を楽しめたのではないかと思います。
まさしく「傾く夜」となりました。d0246301_13172957.jpg

d0246301_1320874.jpg

d0246301_1322418.jpg


たくさんのご来場ありがとうございました。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-10 13:25 | other

トリック オア トリート!

8日・9日のお昼にザ・キャビンカンパニーのワークショップ
「ようかい大名行列×ハロウィン」が開催されました。

9日には参加者が総勢25名を超え、
大小様々の妖怪達が商店街を練り歩き、町の方たちを驚かせました。

商店を15店舗ほどめぐり、皆大きな声で「トリックオアトリート!!」
こども達はたくさんのお菓子をゲットして大喜びでした。d0246301_12494960.jpg

先生に習いながらお面づくり。皆さん上手に作っていました。
d0246301_12512298.jpg

トリックオアトリート!

d0246301_12522543.jpg

小さくかわいい妖怪さん

ご協力してくださった皆様、ありがとうございました!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-10 13:02 | ザ・キャビンカンパニー

草刈樵峰 作品

展示風景
d0246301_1474555.jpg

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-08 14:08 | 草刈 樵峰

参加者募集!!!

「ようかい大名行列×ハロウィン」

イラストレーターユニットのザ・キャビンカンパニーと一緒に妖怪お面をつくり、
みんなで妖怪に大変身!町を歩いてお菓子をもらっっちゃおう!

ワークショップの参加者を追加募集します!
日時:10月8日(土)
時間:13時から14時半
人数:10名ほど

人数把握のため参加には予約が必要です。
皆様の参加お待ちしています!

お問い合わせ(お申し込み)  090-6895-5986(カトウ)
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-07 00:00 | ザ・キャビンカンパニー

開催間近

これな~んでしょうか?
d0246301_23314859.jpg


アートカルチャースタンプラリーで使用する手作りスタンプです!
地元の方に手伝って頂き、なんとか開催までにつくりあげることができました。
絵柄も可愛くシンプルで、スタンプを見るだけでも楽しくなります!
絵柄は来てのお楽しみということで・・・。

みなさん是非参加して、スタンプをコレクションしてください!
お待ちしています!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-06 23:43 | スタンプラリー

秋の陽気

どこからともなく涼しい風に乗って、秋の陽気がやってきた。
鼻から吸うこの香りは眉間の奥を通り、そのまま脳に染み込んでいく。

キンモクセイ。一瞬にして街の空気を自分のものにして秋に居座る。
この竹田の街もまた今は彼らのものだ。

アートカルチャー間もなく開催だ。
d0246301_18401327.jpg

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-04 18:40 | other

案内の案内

竹田アートカルチャー2011のインフォメーションを花水月内に設置します。

主にスタンプラリーカードや会場案内チラシの配布を行います。

スタンプラリー参加を希望される方はインフォメーションまでお越しください。
お待ちしています。

d0246301_17504628.jpgd0246301_17514795.jpg

竹田温泉「花水月」 豊後竹田駅を出て左、川沿いに徒歩一分です。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-10-02 18:05 | インフォメーション

アートカルチャースタンプラリー

スタンプラリー開催します!

参加無料!(先着100名様限定)
10月8日/9日/10日/15日/16日  (11時から17時)
会場:竹田町商店街(スタンプポイント6カ所ー詳細はスタンプカードに記載)
受付はアートカルチャーのインフォメーション(花水月内特設ブース)にて行ってください。
専用のスタンプカードをお渡しします。
d0246301_17195877.jpg

オリジナルの賞状や抽選で豪華景品が当たるかも!?
皆様の参加お待ちしています!

注意:先着100名様となっております。カードがなくなり次第受付を終了させて頂きます。
あらかじめご了承お願いします。

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-30 17:32 | スタンプラリー

会場掃除

この場所は今回の竹田アートカルチャー2011で勝正光さんの展示会場となる場所です。
現在空き店舗となっており、年に2、3回イベント等で使用されています。
普段はシャッターも下ろされ、使われていない空間なので、数ヶ月分のほこりが溜まっていました。
作家さん、お客さんに気持ちよく使ってもらう為に、壁から床まで念入りに掃除しました!
d0246301_16332417.jpg

d0246301_16341551.jpg

写真は床を磨く実行委員会の児玉氏

きれいになって気持ちよかったー!
皆様も是非お越し下さい!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-30 16:50 | other

池邊祥子作品

池邉祥子による展示は竹田の服飾文化のリサーチとそれに基づいた衣服の提案という形になった

池邊祥子の言葉(下記)

何人かの女性にインタビューを行い、古い手持ちの衣服を見せていただく。
現在でも残っている衣服の多くは数十年前に仕立てられた服であった。
古い衣服を見ることは街の変化を垣間見ることであり、
また同時に人間個人の歴史を見ることでもある。

d0246301_2502374.jpg

インタヴュー中に出会った多くの仕立て服は大切に着用、保管されていた。
オンリーワンの衣服が持つ魅力がある。
古い衣服の展示と同じ会場にて簡単な仕立て屋も開く予定である。
仕立ての縫製は竹田で行なわれる。
竹田で見せて、竹田で作る。
竹田という街がもっと活力のある街になるために、
私の出来ることを精一杯したいと思う。(以上)

d0246301_24159100.jpg


池邊祥子は「衣服=ひと」だと考える。彼女の服飾に対する思いは尋常ではない。
真正面から服と向き合い、人と向き合う。
今回は加えて、「竹田」という地域にも真摯に向き合ってくれました。
そんな彼女だからこそ生み出せる衣服、そして展示。
ほんとうに楽しみです。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-28 03:16 | 池邊 祥子

TAKIGINOU

先月の27日に竹田薪能が開催されました。
水上舞台で行われる能で、そのロケーションはなんとも壮大です。
28回目を数える竹田薪能。今回の演目は「経政(つねまさ)」でした。
琵琶を奏で、芸術を愛する公家の武士、平経政の悲運の人生を描いた物語です。

竹田アートカルチャー2011では文化展示として薪能の展示を行います。
展示をしてくださるのは、薪能若者応援隊の皆さん。

どうやってロケーションのスケールを伝えるか。
どうすれば「能」に興味を持ってももらえるか・・・試行錯誤。


d0246301_2424174.jpg



写真は会場に展示するパネル。

おもしろい展示になりそうです!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-19 02:48 | 第28回竹田薪能後展

ワークショップ

ザ・キャビンカンパニーのワークショップ参加者募集です!!
じゃーーーん!!
d0246301_15355156.jpg

楽しみだー!!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-16 15:39 | ザ・キャビンカンパニー

掲示板

地域の方にアートカルチャー2011を知ってもらう為に掲示板を設置しました。

場所は岡本屋呉服店(旧)のシャッター前スペース。
道を挟んで前はスーパー、すぐ横にはバス停。
掲示板の場所としては一等地だ。
取り付け前
d0246301_17144577.jpg

取り付け後
d0246301_1721188.jpg


作家情報やイベント情報を随時あげていきたいと思います。
今日はとりあえずポスターを貼ってみました。
d0246301_17264762.jpg


一等地の掲示板として恥じぬ様、わかりやすく、楽しい掲示を目指します。

スペースを貸してくださった岡本屋の川島さん、ありがとうございます。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-15 17:36 | other

久住にて

オレクトロニカ作品の写真撮りを久住にて行いました。
d0246301_1856297.jpg


この大きな塊は、小さな家。
秘密基地のような。自らのこども心をくすぐる為に作られました。
そんな稼動基地です。
 
今回は写真撮りだけでなく、実際にこの家に泊まり、夜の久住を体感しました。

急遽、場所を貸してくださいました堀田貴子(食育ネット)さんのはからいにより、
夜の立食パーティーがあり、
ご近所さんや、お知り合いの方、出展する草刈さんやキャビンが参加してくれました。
一品持ち寄りだけあってバラエティーある食事がテーブルを占領しました。
ごちそうさまでした!
d0246301_18572238.jpg



竹田アートカルチャー2011での、
オレクトロニカの作品展示場所は十六羅漢下の「憩いの広場」で行います。
皆さんのこども心をくすぐること間違いなし。ぜひ起こしを!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-13 19:00 | オレクトロニカ

おいでくださいませ。

d0246301_21352318.gif

市街地周辺マップ
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E131.23.34.418N32.57.59.629&ZM=7
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-10 21:36 | access map

届きました!

d0246301_21193327.jpg
A2ポスター
ポストカードDM
A4フライヤーが出来上がりました。
これらは九州を中心に配布します。

これから皆様お目にかけることがあれば
その時は寄って見てやってください!
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-09 21:20 | other

打合わせ

今日はザ・キャビンカンパニーのアトリエを訪問し
竹田アートカルチャー2011の初日と二日目に行う
ワークショップの打合わせを行ってきました。
d0246301_2224449.jpg


地域に根ざしたもの。竹田の文化を取り入れたもの。
おもしろいアイデアがたくさん出され、最終的に竹田名物の「大名行列」
を取り入れたワークショップに決定!

その名は・・・

「ようかい大名行列×ハロウィン」

キャビンと一緒に妖怪のお面を作り、それを着けて町を練り歩くというもの。
10月なのでハロウィンも掛けて、町の人にお菓子をおねだりしてしまおう
という地域との交流も絡ませた企画です。
参加費は500円(材料代、菓子代)
10月8日(土)と9日(日)の午後1時から90分程度。
1日10名程限定
予約受付は090-6895-5986(カトウ)

きっと楽しくて、秋の思い出になるに違いない。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-09-02 22:26 | other

竹田エネルギー

時代の潮流の中、竹田の街も例外ではなくその影響を受けている。
街を歩きすれ違うのは、高校生かご老人がほとんど。
商店街の店舗経営者の高齢化も加速し、店舗の維持だけでも大変だと聞く。

それでも、竹田復活に強い思いを持った方もいる。
九月を目前にまだまだ暑さが残る。
冷えた名水を飲みながら、これからの竹田について小一時間話をうかがった。
d0246301_23484967.jpg


「ブルートレイン構想」「竹田の通り名構想」「岡城構想」

話は尽きない。写真を撮らせてもらうだけのつもりが・・・
途中、来客があり、また来ますとお店を後にした。

くわしまさんの抱く妄想、構想、そして野望を聞き、実現するか否かは別として
このエネルギーが街を変えていくのだと思った。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-08-18 23:55 | other

老犬ならずとも

お盆初日。
竹田に来て初めてのお盆の風景を見ようとアートカルチャーの展示会場となる周辺を歩いてみた。
自宅の前で、瓦の上に木を載せ焼いている光景をいくつかみた。
この時期ならではの風景だ。
d0246301_19442033.jpg



突然、普段見ない犬が前から歩いてきた。しかも独りで。白毛、薄茶毛交じりの愛嬌ある犬だ。
歩き方ですぐに老犬だと分かった。
日も暮れかけ始めているし、少し心配になったので後ろを付いて歩いた。

遠くから女性の声がする。どうやら飼い主がこの犬を呼んでいるようだ。

「ベル~」「べル~」

しかし、老犬にその声は遠い。

洒落た名前だ。今度は、飼い主に聴こえるようにぼくが「ベル」を呼び続けた。

「ベル!!ベル!!」

普段あまり大きな声を出さないのでくたびれたが
その甲斐あって、声を聴いた飼い主がやってきた一安心。15歳の犬だった。
d0246301_1959752.jpg


近くで聴いてわかったこと、この犬の名前は「めぐ」だった。
老犬ならずとも僕の耳は・・・
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-08-13 20:10 | other

これから

竹田には多くの文化がある。景観がある。偉人を輩出してきた街でもある。
田能村竹田、廣瀬武夫、滝廉太郎、佐藤義美。その偉人達を囲炉裏の暖火として多くの文化人が囲んだ。
竹田の城下町は荒城(岡城)と共に栄え、九州を代表する自然都市のひとつだった。

地方都市が存続の危機にある、一時期のニュースで頻繁に伝えられていた。竹田町もその例外ではない。

今、竹田の商店街は時代の流れの中で、下流へと向かう丸太船の上に軒をかまえる。
上流を背にし、時代の変化に腕組みをしたまま船は確実に進んでいる。

このプロジェクトを作りあげる段階でたくさんの町の声を聴くことができた。
長い間、この町を支えてきた御高齢の方々の言葉。

「若い方に託す・・・」

空き店舗が増え、下ろされたシャッターの連なりは、冷たい壁のようだ。


それでも、まだ誰もこの町を諦めてはいない。
d0246301_1731526.jpg


カトウ リョウ
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-08-12 14:46 | top

準備中です

近日中アップ予定です。
[PR]
# by taketa-artculture | 2011-08-08 22:30 | 安部 泰輔

竹田アートカルチャー2011 「地域文化」と「現代アート」  2011年10月8日~10月16日

開場時間が変更になりました。決定→11:00~17:00
d0246301_17312081.jpg

[PR]
# by taketa-artculture | 2011-08-02 22:34 | top